Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://naeiro.blog14.fc2.com/tb.php/4-f3dbcda0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2. 一眼レフ、開始


18-IMG_7242.jpg 
新宿御苑の母と子の森で、インストラクターのお兄さんお姉さんと枯葉投げに興じる子供たち


2009年7月、ついに一眼レフを購入。キャノンKissX3 を標準と望遠レンズのダブルキットで11万2,700円也。一眼レフ最大の軽量化を実現という売り文句につられて決めたのだが、軽くなったといってもカメラ本体の重量は480gだがレンズがなければ写真は写せない。標準レンズ18-55mm200g、望遠レンズ55-250mm390g!みんな合わせると…考えたくもない。

この重量物をもつのかと思うと気が進まずぴかぴかカメラは棚に載せたまま。季節は移りもう秋たけなわの10月なっていた。標準レンズをつけて重さ680gを操れるかどうか。不安のまま新宿の街へ出た。買い物がてら新宿の雑踏をちょっと撮ってみようと思ったのだが、家でマニュアルを読みながらいじくっていたのと雑踏の中でカメラを構えたのとでは大違い。頭はくらくら、指はこれまで使っていたリコーGRのボタン位置を探ってばかり。買い物もせずしょんぼり帰宅したのだった。

そもそもマニュアルに書かれている写真用語がわからないのだ。 キャノンKissX3の本や入門書も何冊か買ったが、わからない。そこで生来のノー天気は考えた。あの土門拳さんだって生涯、撮って撮って撮りまくったというではないか。書を捨てよ、町へ出よう!

翌朝からランチをもって初秋の新宿御苑へ通う日々が始まった。レンズは標準よりは望遠が楽しいが、本体とあわせると重量は870g。これに所持品を入れると…重い!数枚の紙幣とバスカードをビニール袋に入れ、入園料200円と飲み物120円のコイン、ハンカチ・ティッシュペーパー、小さいブラシと口紅一本、携帯電話と家の鍵。これが所持品のすべてだ。


18-IMG_8122.jpg 


御苑で紅葉、黄葉が美しくなってきていたがワタシは風景、人物、鳥――なんでも撮っては捨て、捨てては撮った。時々ベンチに座って再生をしたりマニュアルを開いた。しかし、カメラに向かうと読んだばかりの説明なんてどこかへ飛んでしまうだけ。

かくて本日も終わりぬか。公園を後にする頃にはカメラが肩に食い込み、足取りも重い。右手の掌のカメラの角が当るところが腫れて痛み、シャッター速度や絞りを変えるダイヤルのギザギザで指の皮が何度も剥けた。それでも続けられたのは時々、素敵な写真が撮れるからだ。百枚に一枚、そんな奇跡の写真があれば艱難辛苦なんのその。やがて、掌の腫れが固くなり、剥ける指の皮がなくなった頃になんとか基本の操作ができるようになった。 しかし、重さへの悩みは残った。

なぜこれほど重さにこだわるのか。特に男性諸氏には不可解であろう。


13-IMG_8163.jpg実は仕事でのストレス解消は週末にテニスで汗を流すことだった。準備体操もそこそこに力の限りを尽くして打ち込み、コートを駆け回った。

どうも腰の調子がおかしくて医者に診てもらうと腰部の脊柱管狭窄症の診断。その数年後には歩行中に突然ぼきっという音がして左足がくず折れた。激痛が止まらず、何軒目かでやっと左関節の稀な疾患と判明。関節の弱い体質なので筋力体操を勧められた。お蔭で歩行に支障はなくなったが長時間、重いものをもつと腰や膝が悲鳴をあげる。

そんなわけで新宿御苑で見かけたこの女性、。格好なお年のようだが、写真へのこの情熱とこの体力、うらやましい限りだ。


                 


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://naeiro.blog14.fc2.com/tb.php/4-f3dbcda0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。