FC2ブログ

Entries

8. マクロレンズに夢中

   
18-IMG_9079.jpg 
 「玉ボケ、前ボケ後ろボケ嫌い、花も虫もわが被写体にあらず」。接写を勧められる度にそんな返事をしてきたワタシ。いえいえ、花が嫌いなわけじゃありません。むしろ大の花好きで部屋にはいつも季節の花を欠かしません。それゆえに、なんの花かわからないほどに花をデフォルメしたり、ぼかしにぼかして花芯だけクローズアップした写真を見ると、なぜ美しい花を美しく撮ってあげないのか心が痛みます。

「それもこれもマクロのせいよ」とレンズ売り場のおじさんに愚痴ったら、「マクロレンズだからって花や虫だけじゃなく、なんでも撮ればいいんですよ」というお言葉。目から鱗がポロリと落ちて、その場でキャノンの中望遠マクロレンズ EF100mm F2.8Lを購入。それからというもの、愛用してきた広角中望遠の18-135mmレンズの出番はめっきり減った。

被写体を見る目も変わった。これまで気になる被写体をみつけたら、それをいかに面白く撮るかに熱中してきたが、マクロ撮影をするようになってからは被写体プラス背景での画面構成を考えるようになった。絞りをいっぱいに開いて背景をぼかして被写体を描写しているとまるで絵を描いているようで、楽しい。

しかし、喜びと苦しみは表裏一体。被写体を生かすために、絞りをいっぱいに開けると被写界深度がぐっと浅くなり、ピントの合う範囲はわずか1ミリ程度。息を止めて慎重にピントを合わせて…すばやくシャッターを押したはずが、再生すると手ぶれかシフトぶれでアウト・オブ・フォーカス。根負けして買ったまま使っていない三脚を引っ張り出した。三脚を使ってだいたいのピントを合わせたら、自分の体を動かしてピントを合わせよと手だれの方はおっしゃるが、これがなかなかにコツがいる。さらに困ったことに、ピント合わせが難しい被写体ばかりを好むので目は疲れ、肩こりは増すばかり。目下、これこの通り。新宿御苑の枯れた仙人草にたぶらかされております。 

18-IMG_9344.jpg
               
                          踊る仙人草


18-IMG_9346.jpg 

                          乱舞






スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://naeiro.blog14.fc2.com/tb.php/11-bad51fa9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する