FC2ブログ

Entries

15 まわりまわって元の位置

    夏の猛暑。これ幸いと家にこもってRaw現像のレタッチに取り組む日々が続いた。このブログの記事は一ヵ月以上更新しないとトップにペタリとありがたい広告が貼り付けられてしまうが、レタッチの泥沼にはまっている身にはそんな余裕などなし。 夏も終わりになった頃、やっとわかったのは「撮影設定の不備をレタッチでは補えない」ということだった。色やトーンの調整など初心者には到底無理無理。できるのはせ...

14. 写真の評価

写真は撮るのも難しいが、撮った写真の評価はもっと難しい。 季節の写真をハガキサイズの写真用紙に印刷して、友人や知人に差し上げている。当初は、相手の好みを考えてせっせと写真を選んだが、予想は外れることが多かった。 そこで、出来の良し悪しにかかわらずガサッと持っていって、「お好きなのがあればどうぞ。なければ見るだけでも」と差し出す。 失敗作と思っていたのが選ばれたり、自信作が無視されたり。ストレートな批...

13. 紫陽花の怪

    6月、美しいガクアジサイが咲き始めました…と昨年までは思っていましたが、このアジサイはまだ開花していないのです。花と見えるのは単なるガクに過ぎず、ガクの真ん中にポツンとある小さい丸い粒こそがホントの花だというのです。 ただ、花といっても雄しべしかもたないため受粉ができない「装飾花」。ではホントのホントの花はどれか。それは真ん中の小さい粒の群れに咲くのです。青紫色の蕾の群れにひとりだけ美...

12.もっと時間を!

中古自動車のブレーキ 先日、荒川区の線路ぞいを歩いていると、住宅の一隅に鉄くずのようなも0のが山積みになっているのが目についた。近づいてみると汚れているが暖かみのある美しいオブジェではないか。早速、カメラを取り出していると、ガラッとドアが開いてちょっと強面のおじさんが現れた。あわてて、「スミマセン、無断で」と謝りながら、どうにも去りかねて、「これ何ですか?」と尋ねる。作業着姿のおじさんはゴム手袋を...

11. 春風に散る

            久しぶりによく晴れた春の日曜日。こんな日は公園の池がザリガニ採りの子供たちで賑やかになる。その様子を撮ろうと公園へ出かけてみると子供たちの姿はなく、代わりに虫大好きニンゲンのムシ先生がいて、ワタシを見るや興奮気味に「ナナフシモドキの幼虫がいるんです。こっちです」と歩き出す。日ごろは大変礼儀正しいジェントルマンなのだがムシのこととな...